あうらブログ

<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

明日は満月・mitatakeライブ

 “たっぷり”を過剰に感じさせない。聴こえない音を、聴く人の心のなかに響かせる。弦とハモニカが軽やかに舞う。声が絡んでまた色彩が変化する・・・。熱くて切ないギターとハモニカ。あたらしいけれど、なつかしい唄たち。mitatake・見田諭(ギター)と佐野岳彦(ハモニカとうた)ワールド。五感を通し、六感までもが満ち足りてきます。感じるのも良い、感じないのも良い。それぞれの楽しみ方。
 ※mitatake・銅版画家山本容子のジャズ絵本「Jazzing」の付録CD参加。共同通信社からの季刊オーディオ雑誌「AUDIO BASIC」42号の付録CD参加。岡山ジャズフェスティバル、山下洋輔&山本容子のイベント「ジャズmeetsアート」に山本容子と共演※ 

 9月13日(土)午後6時半会場、7時開演。3000円(珈琲付)。
申し込みは、「あうら(0568-24-4100)」迄。
催事案内 | permalink | comments(0) | -

恒例のディジュリドゥ。

 喜楽童(Toshi&七海)のLIVE。3月22日(土)19時〜。3000円(珈琲付き)。
 毎年3月の満月の日にするLIVEです。
 オーストラリア先住民族アボリジニのディジュリドゥ、ネイティブアメカンフルート&ダブルフルート、フォーチェンバーフルート、縄文の土笛など、アコースティツク過ぎる民族楽器の演奏、そして、「いただきます」「祈り」「ありがとう」「空」「まんま」「平和」などのオリジナルの歌により、「いのちの大切さ」「自然と共に在る生き方」を原点に戻って、再確認させてくれるLIVEです。
催事案内 | permalink | comments(2) | -

LIVEのお誘い。

 ミュゼット・ジャズ・バンドのLIVEを催します。11月30日(金)18時開場、19時開演。2500円(珈琲付き)。
 
 ミュゼット・ジャズ・バンドは、フランスの伝統的なミュゼット音楽の持っている楽しく懐かしい雰囲気を大切にしながら、即興演奏の持つ臨場感も追求している、日本では非常にめずらしいユニットです。
 ミュゼットとは、古きよき時代のパリを思い起こさせるノスタルジックな雰囲気を持った、シャンソンよりも古い音楽の呼び名です。ボタンアコーディオン、マカフェリ・ギター、コントラバスという楽器が基本です。19世紀から20世紀前半までダンスのための音楽として、フランス各地で盛んに演奏されましたが、1960年代頃から徐々に忘れ去られていきました。しかし1990年のリバイバル・ブームのあと、今日のフランスでは少数派ながらもインストゥルメンタル音楽として独特の発展をしています。
 
 ほっこりするワルツからスリリングなミュゼットまで、秋の夜長にフランスのフレーバーをあなたに。
催事案内 | permalink | comments(0) | -

ソロチェリスト・YOSHI(吉川よしひろ)コンサート

5月16日(水曜日)午後6時半開場、7時開演。3000円(珈琲付)。
日本とアメリカ・ニューヨークで活躍するジャズチェリストYOSHIさんが奏でるクラッシックからポップスまでを“あうら”からお届けします。
YOSHIさんの音を聴くと、足から根が生えていくように感じる。手が長くなっていって、葉っぱが出るような気がする。自分も自然の一部だということを実感できる。何故なのだろう。頭で考える必要なんか全くない、すべてが感じるまま、気付くまま・・・“空”。
(申込先“あうら”0568-24-4100)
催事案内 | permalink | comments(0) | -

満月LIVE 園造さんの落語

庭園デザイナーであり、落語家でもある糟谷護さん。心優しき彼が“あうら”で、糟谷ワールドをくり広げます。“笑い”が見直されてきている今、どっぷりと糟谷ワールドに浸り、至福の時を過ごしてみませんか。4月3日(火)午後6時半開場、7時開演。1500円(軽食付)。申し込みは、あうら(0568−24−4100)迄。
催事案内 | permalink | comments(2) | -

満月LIVE 喜楽童 TOSHI&七海

3月4日の日曜日、19時より、あうらにて満月LIVEを催します。オーストラリア先住民族の伝統楽器ディジュリドゥ(シロアリによって空洞化したユーカリの木を加工した世界最古の木管楽器)、アメリカの先住民族の伝統楽器ネイティブアメリカン・フルート、縄文の土笛など、数々の民族楽器の即興演奏とギタレレ弾き語り。3000円(珈琲付)。本当に大切なものは何なのか、原点の自分に問いかけなければいけない今、あなたに聴いてほしい、感じてほしいと思っています。
催事案内 | permalink | comments(2) | -

パーカッションとスチールパンのライブ

2007年1月12日(金曜日)19時より、“あうら”にて、浜野律哉・伊沢陽一のライブを催します。3000円(珈琲付)。“あうら”を愛してやまないふたりが、2007年幕開けにふさわしい音を創りあげます。ただ単に、聞かせるということではなく、来てくださる人々と時を共有したいという彼らの熱い想いがきっと伝わってくるはず。そして、この世に“生”を受けたということに感謝したくなるはずだと、あうらままは勝手に思い込んでいます。
催事案内 | permalink | comments(0) | -
あうらホームページ
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
LINKS
あうらホームページ
PROFILE