あうらブログ

<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< メッセージ。 | main | 共時性?!。 >>

「骨董展」。



1930年代の、ジャン・リュースのティーセット。“美しい”としか表現出来ない、自分のボキャブラリー不足が悔しい。“気配の存在する美しさ”、アートですね。・・・・・緑が落ち着いたこの時期、恒例の、友が企画する「骨董展(5月25日〜6月3日)」、今年で6回目?。共通の友人も多いので、時には同窓会状態になる事も有りながら、“あうらの様な場所でやらせてもらえるなんて”と、ことばを頂くと、申し訳ないくらいに、有難い。彼女とも、30年以上の付き合い。気を使わず、付かず離れず、言葉を選ばず、本音で話せ、こんな関係になるなんて、不思議なご縁ですね。
- | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする









あうらホームページ
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
LINKS
あうらホームページ
PROFILE