あうらブログ

<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< まだまだまだ。 | main | 駒形どぜう。 >>

歌舞伎座秀山祭。



歌舞伎座の“秀山祭九月大歌舞伎”。三番叟(幸四郎)、俊寛(吉右衛門)、幽玄(玉三郎)の演目。・・・・・吉右衛門さん大好き父さんと玉三郎さん大好きの私、きっと最後の東京歌舞伎座。“あかんぞ!行けんぞ!”の90歳に“力”を入れ、銀座の“銀の塔”でタンシチュー。夜の部に望む。・・・“幽玄”は新作歌舞伎舞踊。“鼓童”の音で玉三郎さんが舞う。思いも寄らず、昔、玉三郎さんの追っかけをしていた熱いもの(思い?!)が体の奥底から沸き上がって来て、激しい太鼓の音と共に静かな涙が目を潤す。・・・凄い!!!。20年前の幽玄さがもっと静かに深く激しく、これは一体何?!。一途に淡々と自分の気付きを信じて積んでいく凄さ。・・・呼吸を大切に、私も静かに気付きで動こう。
- | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする









あうらホームページ
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
LINKS
あうらホームページ
PROFILE