あうらブログ

<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 駒形どぜう。 | main | 旧暦8月15日。 >>

お彼岸のお中日。



“彼岸花”を頂いた。花の色が、先日の玉三郎さんの“羽衣”の薄衣。・・・・・透き通るような薄衣から、金糸で織り込んだ鳳凰が、今にも飛び立ちそうだった。舞台で一列に並んだ鼓童の人たち、一糸乱れぬ“体幹”。音階が有る(有るのかなぁ?)わけではないと思うので、宇宙、地球、体幹。それさえも意識しない、あたりまえの気の流れ。だからきっと、聞いて、観ている側も一体になれるんだろうね。森羅万象たちの掛け合い、この世の者とも思われぬ玉三郎さん。・・・も一度、“どこでもドア”であの場に存在したい。
- | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする









あうらホームページ
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
LINKS
あうらホームページ
PROFILE