あうらブログ

<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< “一息”。 | main | 鞍馬のお山。 >>

自然の理。



食用の、“つるむらさき”です。花が付いて実が付いて、“つる”の曲線が美しい。葉っぱの色形、花の色形、あかん!、自然の作り出すものには脱帽です。・・・・・森羅万象の中で、周りを変えようとするのは人間だけ。他は皆、自分を順応させようとする。かっては人間もしかり。だから、人間“が”進化して来た。・・・情報の83%が目からだそうです。目に見えるものはたかだか5%と思っている婆ぁばは、せっかく人間として生まれてきたのに、“気配”がぞんざいに扱われているようで、残念でなりません。気配、感覚、自然の理など、目に見えないものはデータ化出来ず、感覚を研ぎ澄ませて、感じ取ることが出来るのは“人間力”。プログラミングの授業も大事かも知れないけれど、お米を作る授業、一番大切やと思うけどなぁ。
- | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする









あうらホームページ
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
LINKS
あうらホームページ
PROFILE