あうらブログ

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< “フジバカマ”。 | main | たったひとりの父さん。 >>

鞍馬のお山。



9月4日の、とんでもない台風の後の、初めてのお山詣で。叡山電鉄は未だ貴船口までで、そこからは路線バス。1キロくらいの事なので歩く事にした。道々、杉林の惨事が目に入る。“お山は木が500本以上倒れたらしい”、友の言葉がよぎる。詣でる人が少ないせいか、お山はいたって静か。保育園の子どもたちの元気な声だけが静謐さを増す。・・・・・執行さんから、“台風の状況と今後”のお話を伺う。台風後、直ぐに撮られたお堂、参道、お山の写真。あまりにも無惨なお姿に、声すら出ない。でも、終始穏やかに、笑顔で話される執行さん。最後に、“気づいたこと”として、・自然の力の偉大さ・明るくなった・移り変わりと時間の流れ・みなさまのお気持ち・つながりについて話される。森羅万象の力を“只有る”として捉えられ、それを機に、ご縁に、“有難う”と頂かれる。一般人の私は“大変”と感情を付けてしまうのに。改めて、お山とのご縁を有難く思っている。“人身を得ること難く命あること難く正法聞くこと難くみほとけに会うこと難し”。

- | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする









あうらホームページ
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
LINKS
あうらホームページ
PROFILE