あうらブログ

<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< “母さん”。 | main | “12月22日”。 >>

“鶴瓶落としに思う”。



夕陽に照らされて、赤と黄色のコナラ。同じ種類、住んでいる所も一緒なのに、何処がどう作用して、色が違って来るのか、不思議ワールドに居る私たち。実際、何を観てるのだろう。・・・・・やっぱりいつもとは違う。“いつも”なんて言葉遣うのが、畏れ多い。“あたりまえ(これも申し訳ない言葉)”に、お休みしていた分、山盛りになっている落ち葉を掃きながら、毎朝見えていたお客さまのことを思う。昨日、大病院から自宅近くの病院のホスピスに転院されたとか。去年の今頃は、長男さんのお引越し、お寺さんの晋山式にお忙しそうにされていたのに。4月初めに肺癌ステージ4が発覚し、余命3か月。私の元癌センターの主治医は、“終わりが分かる癌ほどいい病気は無い。”と、おっしゃり、頷いていたのだが、果たして、…今の私は心が痛い。“少し、痩せません?”から始まって、彼の姿をずっと観て来たお蔭やね。亡き母さんのことも有り、いろんなことを繋がせてもらっている。
- | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする









あうらホームページ
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
LINKS
あうらホームページ
PROFILE