あうらブログ

<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< “死の感覚”。 | main | “重陽節”。 >>

“白露”。



“秋の最中にして露おのづから白し 故に白露という”。二十四節気“白露”、本日珈琲のお供は“小布施の桜井甘精堂の栗ようかん”、…暦は秋ですものね。問題は台風にて、お客さま少なく、みんなに食べて欲しいなぁと…これもご縁。・・・・・まだ、日が浅いからなのだろうが、亡くなった義母さんのことを思っている時が多々。・・・鬼姑&鬼嫁、似てるのでしょうね、一緒に42年。本音で話せば話すほど離れていく人に会ったのは、初めてことでした。でも、今思えば、彼女はきっと、キイパーソン。彼女に出会っていなかったら、精神世界の門は叩いていませんでしたし、鞍馬山に出会っていることもありません。故奈良毅先生から、その人の修行に適切な人を、生まれる前に神さまが仕組むと教えてもらいましたが、彼女がいなかったら、きっと、奈良先生と出会うこともなく…、不思議…有り難いご縁でした。

- | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする









あうらホームページ
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
LINKS
あうらホームページ
PROFILE