あうらブログ

<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 今日は6月6日、芒種。 | main | no title >>

私を通り過ぎた人。

 ちょいと落ち込んでいた。心の処し方法に困っていた。
 大好きな人をふたり、癌で亡くした。ひとりは、あうらを介して知り合ったYさん。いわゆるお客様である。もうひとりは、大好きなギャラリーオーナーKさん。二度と会えないと思うと、いろんな事を想う。
 彼らと共に過ごし得た時間の中での、彼らの目の動き、言葉、声の質、指先の動き、首の傾げ方等々、きりがない。何かの拍子に、彼らがその時々のタイミングで、私の心に話しかけてくる。考えてみると、それが、今の私の生き様の原点にも繋がっていることが少なくない。
 “あなたは、人に入り込みすぎるのだよ。いろんな事、聞き流せばよいのに。人との関係は、お腹の具合と一緒で60%がいいんだよ。”私の様子を見ていて、いろんな人が心配して言ってくれる。適度な緊張感の中の人間関係。それが大人の付き合い方かもしれない。けれど、どうも、私には無理なようだ。
 あうらを介して出会ってくださった人々や、縁してくださった人々の力を借り、微妙な言葉を紡ぎ、自分の腑に落ちる感覚のところまで徹底的に自分を掘り下げ、追い込んでいく。それが最近とても心地よい。心から足に抜けるように風が吹く。自分なりの着地だ。だから又、ひとに入り込んでしまうのだろう。堂々巡り。ああこういいながら、それが私なのである。そんな私も、人情の機微を解してくれる人々も私は大好き。ありがとね。
あうらままのひとりごと | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする









あうらホームページ
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
LINKS
あうらホームページ
PROFILE